OKレーシング トップページ 自動車のチューニング、オーバーホール「OKレーシング/OK自動車」 静岡県浜松市


TECHNICAL - 技術情報
MAINTENANCE - メンテナンス紹介
CAR INFO - 車種別チューニング
SPECIAL CARS - スペシャルカー紹介
EVENT - イベント情報
EXTRA PAGE - おまけ
SHOP GUIDE - 店舗の紹介
LINK PAGE - リンク集
STAFF DIARY - スタッフ日記
SITE INFO - 当サイトの説明
CONTACT US - お問い合わせ



Copyright
(C)2011 OK Racing
All Rights Reserved.




OKレーシングは自動車チューニング、オーバーホールのスペシャリストとして、お客様に合法的かつ壊れにくいチューニング、オーバーホールのご提案をしております。車検やオイル交換などお車のメンテナンスもお任せください。



- 主な取扱い車種 -
トヨタ
・レビン トレノ(AE86 ハチロク)
・MR2(SW20) MR-S
・スープラ(JZA70 JZA80)
・マークII クレスタ チェイサー
 (JZX81 JZX90 JZX100)
・ソアラ(JZZ30)
・セリカ
 (ST185 ST205 ST215 TA22)
 ダルマセリカ

ニッサン
・シルビア 180SX
 (RS13 RPS13 PS13 S14 S15)
・スカイラインGT-R
 (BNR32 BCNR33 BNR34)
・スカイライン
 (HCR32 ECR33 ER34 V35)
・PGC10 ハコスカGT-R S20
・フェアレディZ - 300ZX
 (S30(432 240Z) Z32 Z33 Z34)
・ローレル
 (C31 C32 C33 C34 C35)

これらはあくまで一例です。スポーツカー、チューニングカーだけではなく、ノーマル車、軽自動車、セダン、ミニバンなど、普通自動車の整備やチューニング、オーバーホール以外のご依頼も、確かな技術と知識を用いて確実に仕上げております。

 TOP > CAR INFO > SKYLINE GT-R > RB26DETT BoostUp & Hi-Camshaft

スカイラインGT-R(BNR32、BCNR33、BNR34)の心臓RB26DETTの眠れる性能を引き出す。
その答えはブーストアップ&カム交換です。


 スカイラインGT-R(BNR32 BNCR33 BNR34) ブーストアップ&ハイカム(カム交換)

RB26DETT ブーストアップ+ハイカム

 

スカイラインGT-Rの純正タービンはとても優秀な性能を持っています。低速トルク・中間トルクの太さがあり、かつタービンを使い切れば街乗りでは申し分ないピークパワーを発揮します。

ブーストアップを施すことで、純正状態では抑えられていた本来の性能を解放することができ、これによりタービンを使い切ることができるようになります。

大風量タイプへのタービン交換をしますとピークパワーは向上しますが、トルクが低下し低回転でのパワー不足を招きやすくなり、街乗りでは厳しい仕様と言わざるをえなくなります。もともと性能が高い純正タービンのブーストアップ仕様であれば、トルクの落ち込みというデメリットなくしてパワーアップを果たすことができるのです。

このブーストアップと同時にハイカムへの交換を行うと、より低速トルク・中間トルクを稼ぐことができるようになります。

一般的にカムは作用角が大きいほど高回転型の出力特性になりますが、ターボ過給エンジンではより早い段階からブーストをかけることができるようになるため、ある程度までの作用角のハイカムであれば結果として低回転域から中回転域でのパワーを稼ぐことに結びつきます。すなわち、ブーストアップとの相乗効果はかなり高いと言えます。



OKレーシングでは、東名パワードのポンカムをお勧めしています。



ポンカムはRB26DETT+純正コンピューターにとって最適なカムプロフィールで設計されており、カム交換しただけでバルタイ効果+作用角効果+リフト量効果が生まれ、ブーストコントローラーがOFFの状態でも、馬力トルクともにほぼ全域でパワーアップします。3000回転では7キロものトルクアップとなります。


緑:ノーマル 紫:ポンカム (TCF1)

このトルク7キロアップという効果はセッティングだけで出すのは非常に困難なのですが、カムという部品の交換・取り付けだけでこの効果をはじき出すことができるのです。
(BNR34については、排ガス規制が厳しいため、HKSのVカムをお勧めします)


カム交換を行った後は、ブーストコントローラー取り付け、プラグ交換、インジェクター交換などをし、コンピューターセッティングを行います。

ECUセッティングにはダイナパックを使用します。



スカイラインGT-Rの純正タービンは、おおよそ400馬力近く出すことができます。


緑:ノーマル 水色:ブーストアップ+ポンカム (TCF1)

純正タービンのブーストアップ+東名ポンカムで、ここまでパワーを引き上げる事が出来ます。

東名ポンカム+ブーストアップセッティング効果で全域トルクアップ馬力アップとなり、フィーリングはセッティング前とセッティング後では別物の加速力です。
(BNR32やBCNR33で、より低速トルクを稼ぐ場合は、BNR34 GT-Rタービンがお勧めです。)


RB26の純正タービン(ブーストアップ)+東名ポンカム仕様と、社外タービン(GT-SSやHKS 2530KAIなど)と比較すると、4500回転までは純正タービン+カムの方が馬力もトルクも出ているため、ストリートで使う分には非常に扱いやすく乗りやすい仕様と言えます。

ただし、純正タービンではブースト1キロで最大400馬力が限界点となりますので、それを上回る馬力を狙う場合は社外タービンへの交換となっていきます。

 


 
大風量タービンを使用すれば、前述の通り低速域のトルクが犠牲となります。しかしながら純正タービンのブーストアップ+ハイカム仕様よりも全域でトルクも馬力も上回る方法がございます。

それはRB26の切り札である排気量アップ・RB28DETT+Vカムシステム ステップ2の組み合わせです。



この組み合わせの2530KAI仕様ですと、BNR34純正タービン+東名ポンカム+ブーストアップ仕様と比較して、トルク馬力ともに全域で勝ります。
(7000回転で約600馬力、4500回転でトルク70キロを発生)

これは、2JZ(スープラやアリスト)のタービン交換仕様(HKS GT3037)並みのトルクなので、RB26の低速トルク不足が解消され、とても乗りやすく速い車と言えるのです。

副次効果として、安定したアイドリングをもたらし、さらに排ガス中のCOやHCの量を抑える効果もあり、環境性能も向上します。


チューニングのページへ戻る

スカイラインGT-Rのページへ戻る


静岡県浜松市のチューニング オーバーホールショップ - OKレーシング/OK自動車 -